解体工事で使われる重機の種類を解説!

解体工事が行われる際、取り壊す家や敷地の大きさ、周囲の環境などが異なります。

その際様々な種類、サイズの重機が使用されますが、今回は「油圧ショベルカー」についてそれぞれの特徴などを解説していきます。

ミニサイズ

解体工事で使用される重機の中で最も小さいサイズになります。

建物前の道路の幅や敷地の狭い入り口も効率よく取り壊しを行うことが出来ます。

全幅は約1mで、全長は約4mです。

0.1㎡サイズ

0.1はミニサイズの次に小さいサイズの重機になります。

ミニサイズと同じで、大きな重機が入れない工事現場にて活躍します。

小さな重機を所有していない場合は手作業での解体が必要になります。

全幅は約1m70㎝で、全長が約4m50㎝です。

0.15㎡サイズ

0.15は一般的に使用される油圧ショベルと比較すると少し小さめのサイズです。

4トントラックで運搬が可能で、4トントラックしか入らないような敷地では良く0.15が使用されます。

全幅は約1m50㎝で、全長は約4m70㎝です。

0.25㎡サイズ

0.25は、解体工事において一番良く使用されるサイズの重機になります。

運搬には7トントラックが必要になるので、道路幅が4mは必要になってきます。

全幅が約2m20㎝で、全長が約6mです。

0.45㎡サイズ

0.45は一般的な木造家屋の解体では使用されることはほぼありません。

広い敷地で操作することが必要になる為、アパートや工場などの解体によく使用されます。

全幅は約2m50㎝で、全長が約7m30㎝です。

0.7㎡サイズ

0.7は高さのある鉄骨造やRC造の解体に使用されます。

こちらも0.45と同じで木造の家で使用されることはほとんどありません。

全幅が約2m80㎝で、全長が9m40㎝です。

まとめ

解体工事には様々な重機が使われています。使用する重機やサイズを間違ってしまうと、隣家やその周辺に損害を与えてしまうことも大いに考えられます。

工事現場付近の道路幅や敷地の大きさなどを十分に考えてどの重機を使用するかを決定しましょう。

そして、油圧ショベルは先端部分である「アタッチメント」を付け替えることが出来ます。

通常のショベルではすくうことが主な使用方法になりますが、挟むことができる「フォーク」、ペンチのような役割を果たす「カッター」岩石などを粉砕できる「ブレーカー」、残土とコンクリート、岩石などを細かくしたりする際に使用される「バケットスケルトン」など様々な種類があり、1つの重機で何通りもの用途があります。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です