解体工事において、重機の事故とその対策を紹介!

解体工事において、重機は必要不可欠なものになります。

重機は少しの操作ミスなどで大きな事故や損害を招いてしまうことがあります。

今回は重機の事故と、重機の事故を起こしてしまわないような対策を紹介していきます。

近隣住宅の破損

上にも記載したように重機は少しの操作ミスが大きな事故へと発展してしまうケースは少なくありません。その中でも良くあるのが近隣住宅の破損になります。

また、この事故は近隣住宅の破損のみならず、破損したものが下に落下することによって、通行人へとぶつかってしまうことも考えられます。

重機の操作ミス

重機を取り扱う際は細心の注意が必要です。重機で重い物を持ち上げた際に誤って落としてしまうと、通行人にぶつかってしまったり、重機の上または操縦者の上に落ちてくることも考えられます。

特に重い物を持ち上げる際は注意が必要です。クレーン車よりも重い物を持とうとした場合、重心が持っている物の方に傾いてしまい、重機がそのまま横転してしまうことも十分に考えられるので、その辺の知識も持っておかなければなりません。

重機の事故の対策

重機の事故の対策としては、常に最悪の事態を想定しておくことが重要です。

「この重機を使うことによってこんなことが起こってしまうかもしれない」という所謂リスクヘッジを行うことが大切です。

重機の事故を起こしてしまった際にこのリスクヘッジができているかどうかでその後の対応は大きく変わります。

また、重機についての詳細な知識を蓄えておくことも重要です。

重機が持つ事のできる重さの上限や、可動域などを事前に知っておくことで防げたような事故がかなり多く感じます。

重機については操作方法や危険を伴う行為など、そういった知識をしっかりと蓄えておくことで事故のリスクを軽減することが出来るでしょう。

まとめ

重機の事故は少しのミスでかなり大きな事故を招いてしまい兼ねません。

そうなってしまった場合は多額の賠償金や最悪の場合営業停止などの罰則が課せられてしまいます。

重機を使用して解体工事を行う際は、多少面倒な作業になってしまいますが、重機についての知識を蓄え、重機を使用することによって起こり得る事故を考えて、そうなってしまった場合の対処方法をしっかりと話し合っていくことで事故が発生するリスクを軽減し、もし起こしてしまった場合も迅速な対応を取ることが出来るでしょう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です