解体工事に使用される重機のメーカーは何がある?

解体工事には様々な種類の重機が使用されます。メーカーは国内、海外に多数あり、どのメーカーの重機を選べばよいのか迷ってしまいますよね。

今回は重機を扱っているメーカーにどのような種類があるのかを紹介していきます。

KOMATSU(コマツ)

コマツは国内トップシェアのメーカーになります。

国内だけではなく、世界的にも非常に有名なめーかーであり、欧米やアフリカ、アジア諸国などにおいても高いシェア率を誇っています。

油圧ショベルやホイールローダー、ダンプトラックと幅広い重機を展開しています。

世界初のハイブリッドシステムショベル、ブレード制御機能の付いているブルドーザーの販売など、最先端の重機の制作をしています。

Kubota(クボタ)

クボタは非常に有名な産業機械メーカーになります。

国内での建設機械の売り上げはトップ3に入り、たくさんの人に認められています。

ミニショベルなどの建設に使用する重機だけではなく、トラクターやコンバインなどの農業機械においても非常に高い評価を受けています。

建設機械の代表はミニショベル、ホイールローダー、油圧ショベルになります。

クボタの製品は安全性が高く、扱いやすいという理由で多くの利用者に愛されるロングセラー商品を製造しています。

キャタピラージャパン

キャタピラージャパンは米国において最大手の建設メーカー、キャタピラー社の日本法人です。

主に取り扱っている機材は油圧ショベルになります。

エンジン設計や作業性能が極めて高いのでたくさんの利用者に認められています。

その中でもコンパクトな重機が特に評価されています。

SANY(三一重工)

三一重工は湖南省長沙に本社を置く中国の多国籍重機製造会社です。

三一重工は世界で3番目に大きい重機メーカーです。

中国での油圧ショベル市場でのシェアは約25%、建設機械に主力を置いている企業の時価総額でも世界2位になっています。

テレックス(Terex)

アメリカのコネティカット州に本社を置く「テレックス」は、近年は企業買収によって取り扱い製品数を大幅に増やし、急成長を遂げています。

まとめ

解体工事の作業をするにあたって、どこのメーカーの重機を使用するかはかなり迷うポイントだと思います。

メーカーによって安全性であったり、機能性、扱いやすさなど特徴が違うので自分が重視する点に強いのはどこのメーカーであるのかをしっかりと様々なメーカーと比較してみると良いでしょう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です